ホイアン世界文化遺産

https://hoianancienttown.vn


バナ山

バナは(ホアヴァン)地区に位置し、ダナン市内から南西約40キロメーターの所にあり、車でおよそ1時間かかる。
19世紀初頭にフランス人の避暑地として開発されたところである。ここにはフランス風の瀟洒な別荘が立ち並んでいる。最盛期には252戸の別荘が建っていたという。今は数戸のホテルやバンガロー、寂れたバー。高台という高台には、石段が残る。崩れた石組みもあちこちに残っている。
 
バナに543の種類の植物及び256の種類の動物を含む自然保護区がある。中に、植物に6種、動物に44種の希薄な種がいる。

 
2009年3月25日から新たなケーブルカーの運転が開始された。これまでもバナでは短い距離のケーブルカーが運転されていたが、今回開通するのは「世界最長の1本ケーブル(総延長5,042.62m)、世界一の標高差(始点と終点の高低差が1,291.81m、平均斜度30°)」という「バナケーブルカー」である。始点ターミナルから終点ターミナルまでの運転時間は約15分間で、速度は6m/秒である。
 
バナは、午前に春、正午に夏、午後に秋、夜に冬、一日4シーズンがある。バナの気候はダラットに似ているが、小雨がそれほど多くないためダラットほど湿らせられない。雨が降っても、山の頂上はいつもからっとしている。山の頂上から、海、ダナン市内、地平線へ広がる水田などを遠く所まで眺めることができる。
 
ベトナム中部で、5月から8月までの数か月の間は最も暑い期間(30℃超えるぐらい)である。しかし、バナでの気温は17℃~20℃に変動し、高くとも22℃~25℃までに上る。バナはフランス植民地時代には避暑地として栄え、霧の美しい眺望でも知られていた。
 
ホテルからのながめは絶景。ダナンの街が眼下に一望できる。ソンチャン半島とハイヴァン峠を含む山々に囲まれたダナン湾。右の方には70キロといわれるビーチが伸びる。もっこり小さな五行山。その向こうはホイアン。ダナン市の象徴ハン川の流れ。目の前から朝日が真っ赤に昇る。夜には、素晴らしい夜景。